河野 和則(かわの かずのり) 1956年(昭和31年5月)生まれ 60歳 宮崎県宮崎市在住 株式会社ラ・ネージュ 代表取締役社長 子供の頃から病弱で健康について強い関心があったものの15年前に「うつ病」を体験・・その時に出会った正常分子栄養学の森山 晃嗣先生から「うつ病は低血糖症、ミネラルとタンパク質の不足です・・」と言われたことをきっかけに栄養学の勉強をスタート 森山先生の主催する「がんコンベンション」では多くのドクターの講演で現代医療の現実を知り、なぜこんなに病気は増えるのかという疑問は全て食事にあり栄養素の不足であると判断。また、アメリカのブレイク・グラム氏との出会いから解剖学の権威Dr.ワラック博士の栄養学に接する機会があり食事と栄養の重要性の普及と最新情報の提供に努め現在に至ります。 私が小学生の時、クラスにアトピーや花粉症で悩む生徒はいませんでした。 がんで亡くなった人のことも聞いたことがありませんでした。 その当時、ファミレスもコンビニもありませんでした。 おやつは芋や果物・・たまに5円もらって「スズメのタマゴを10個」(笑) 目標とする言葉・好きな言葉 「日本人の病気を病院や薬だけに頼る文化を変えたい」・・・森山 晃嗣 「血液が流れている限り治らない病気はない」 「理論や理屈も大切ですが・・結果で勝負しましょう」・・・Dr.ワラック 森山先生もワラック博士も共通していることは人間にとって必要な栄養素をしっかり摂っていれば例え今病気があったとしても改善できる・・ということです。