アミノ酸(タンパク質)

必須アミノ酸(タンパク質)

タンパク質は、英語でプロテイン

         ギリシャ語でプロティオス

アミノ酸は主にタンパク質を構成している成分

タンパク質は消化管で分解され、

アミノ酸の形で吸収されます。

細胞の重要な構築素材

筋肉や臓器の構成成分

脳・神経の主成分

酵素やホルモン、血液成分の原料

 

人間に必要とされるアミノ酸は20種類

その重要性を知らないまま肉や魚を食べている・・

しかし、私達には、一日に必要なタンパク質の摂取量があります。

 

ポイント① 必要量

体重1kgに対して1g 体重50kgで約50gのタンパク質が必要です。

1日に必要な50gのタンパク質

・卵(全卵)8~9個

・牛肉 約360g

・納豆 1パック(40g)を7パック

それぞれで食べると上記の内容になります。

食事の中でいろいろと採り入れるとバランスがとれますね。

 

ポイント② 

食品100gで摂取できるタンパク質の量

プロテインスコア(アミノ酸バランスを点数で表したものです。)

 

ポイント③ アミノ酸の種類

 

体内で合成する事の出来ない必須アミノ酸は8種類あります。

 

子供の成長にはヒスチジンをプラスして合計9種類です。

 

1種類でも不足すると体内細胞の合成に支障を来たします。

アミノ酸(タンパク質)には動物性と植物性があります。

動物性タンパク質=肉、魚、卵、乳製品 など

植物性タンパク質=大豆製品(味噌、豆腐、納豆)チアシード など

 

健康維持、運動能力アップ、美容効果など

・アミノ酸は体を形づくる細胞、骨や筋肉、内臓の材料になるだけでなく、

体の機能を高めるさまざまな働きがあります。

 

・アミノ酸は体を形づくる細胞、骨や筋肉、内臓の材料になるだけでなく、

体の機能を高めるさまざまな働きがあります。

 

・体の機能を正常に保つ:内臓や脳、中枢神経、酵素などの材料を補給し、

 

体の変調や体力の衰え、疲労感などを改善。

 

・運動能力のアップ:筋肉の材料となり、筋力や瞬発力、やる気を高め、筋肉疲労を改善。

 

・ダイエット効果:アミノ酸を摂って運動をすると、筋肉がついて体脂肪の燃焼効果を高める。

 

・美肌効果:コラーゲンの原材料になるとともに新陳代謝を活発にして、

肌の老化や肌荒れ、シワ、シミなどを防ぐ。

 

・集中力アップ:脳への情報伝達をスムーズにし、集中力を高め、能率をアップさせる。

 

・免疫力アップ:免疫システムの機能を高め、

丈夫な免疫細胞が体内を巡ることになり、感染症に罹りにくくなる。

 

・肝機能を高める:臓器に十分な酵素と栄養を送り込み、

肝臓内にある解毒システムの代謝をよくする。

 

・子孫を創造する:精子、卵子、遺伝子の源になっている。

 

商品はこちら  ↓ ↓

ミネラル ビタミン含有タンパク質

 

100g中90.7%がタンパク質

必須といわれる栄養素

必須栄養素

 

栄養学でいう必須には二つの意味があります。

 

1) 肉体の健康に必要であるということ。

 

2)その栄養素が体内で産生できないため、飲食により外部から摂取すべきであることを

意味します。

 

栄養素

栄養素とは、食品に含まれる成分で、

 

人体で合成できず「生きること・成長すること・生殖力」など、

 

人間として生活活動する事に必要な栄養素の事を指しています。

 

次回からはタンパク質から順番に紹介します。