必須といわれる栄養素

必須栄養素

 

栄養学でいう必須には二つの意味があります。

 

1) 肉体の健康に必要であるということ。

 

2)その栄養素が体内で産生できないため、飲食により外部から摂取すべきであることを

意味します。

 

栄養素

栄養素とは、食品に含まれる成分で、

 

人体で合成できず「生きること・成長すること・生殖力」など、

 

人間として生活活動する事に必要な栄養素の事を指しています。

 

次回からはタンパク質から順番に紹介します。

「血」を養うということ・・

「血液」の働き

血液は身体の中を循環し、個々の細胞に必要な酸素栄養素

ホルモンなどを届け、

代謝によって生じた老廃物

体外に捨てるための回収を行う。

体内を絶え間なく流れる川みたいですね。

では、血液の栄養素とは・・?

”You  are  What  you  eat”

「あなたの食べたものそのものです。」

「いのちの鎖」理論で有名なアメリカ ロジャー・ウイリアムス博士の言葉です。

食事の質が血液の質を・・

        血液の質が細胞の質を・・

細胞の質が体質を決めます。

        毎日の食事体質そのものです。

これは学問的に真実です。

次回は、

血液の栄養にどんな栄養素が必要なのか?から見ていきます。