健康でより良い人生のために

logo

まず油から変えましょう!

tikyuu

あらゆる病気に関係するといわれる免疫。

その免疫を高めるうえで、特に重要なのが「油」の摂り方です。なぜなら、私たちの体のすべての細胞膜(細胞を取り囲む膜)は、油(脂肪酸)でできているからです。質の悪い油を摂っていると、細胞膜が酸化して硬くなり、バリア機能が落ちて細菌などの侵入を阻止できなくなるのです。


では、免疫を高めるために摂るべき油、控えたほうがよい油とはどんなものなのでしょうか。まず、油は大きく分けて2種類あります。1つは飽和脂肪酸。これは主に動物油で、常温では固まっています。漢字で表記すると「脂」と書きます。


もう一つは、不飽和脂肪酸。これは植物脂と魚油で、常温では固まらない液体です。漢字表記は「油」です。液体の不飽和脂肪酸は、炭素の二重結合の数によって、1価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分かれます。さらに、1価は、オレイン酸(オリーブオイルなど)
多価は、オメガ6系のリノール酸(サラダ油など)と、オメガ3系のαリノレン酸(エゴマ油、アマニ油、魚油、チアシードなど)に分かれます。

脂肪酸

【飽和脂肪酸】

 

飽和脂肪酸は長い間、皮下脂肪やコレステロールの原因となるといわれてきましたが、
最近では研究が進み、必ずしも摂取を控えるべき、悪質な油ではないこともわかっています。また、ココナッツオイルは植物性の飽和脂肪酸ですが、その60%を占める中鎖脂肪酸は非常にエネルギー変換効率が高く、ケトン体エネルギーを生成するのを助けてくれます。

 

kokonattu

 

【不飽和脂肪酸】

 

不飽和脂肪酸の中で、問題になっているのが「リノール酸」(オメガ6系脂肪酸)です。現代の日本人は、リノール酸の過剰摂取状態にあります。ファーストフードやインスタント食品、油で調理したスナック菓子にはリノール酸が大量に含まれていますし、市販のお惣菜、飲食店や家庭で調理に使われる油もほとんどがリノール酸を主成分としたサラダ油です。これらの油は、酸化しやすいという欠点があります。

戦後コレステロール対策としてリノール酸を積極的に摂るよう食事指導が行われたこと、またコストの安さと効率を考えた結果がリノール酸過多の現状を招いています。リノール酸は体内に入るとアラキドン酸に変化します。アラキドン酸は炎症を誘発する物質です。特に腸管の細胞膜はダメージを受けやすく、腸の働きが悪くなると全身の免疫が低下します。そのためリノール酸を摂りすぎると、難治性の腸疾患であるクローン病や潰瘍性大腸炎、アレルギー疾患、アトピー性皮膚炎、動脈硬化、がんなどの病気へとつながるのです。

 

stock02

脳細胞も脂肪酸でできているため、脳の働きが低下して、認知症やうつなども招きます。
しかも、市販されている食品に含まれているのはほとんどがリノール酸(安いサラダ油)にさらに化学処理を施して作られた「トランス脂肪酸」です。これは、本来液状である油を使いやすいように固形化し、バターやラードの代用として製造コストを抑えるためにつくられた、自然界にない油です。

化学式はプラスチックと酷似しているのです。プラスチックを地中に埋めても永遠に消えないのと同じように、トランス脂肪酸も体内で分解されず、細胞膜に蓄積されます。その結果細胞膜が硬く変性してバリア機能が低下し、様々な疾患の原因となるのです。ドイツではトランス脂肪酸がクローン病の原因とされ、実質的な禁止となりました。アメリカのいくつかの州でも、使用が規制されています。しかし日本では、そのような対応は全く見られません。

 

【摂るべき不飽和脂肪酸】

sakana

 

一方、同じ多価不飽和脂肪酸でも、オメガ3系の脂肪酸には抗炎症作用があります。無意識のうちにリノール酸がどんどん入ってくる現代だからこそ、αリノレン酸、EPA、DHAといったオメガ3系脂肪酸を意識的に摂取して、バランスをとることが必要です。具体的には、家庭ではリノール酸を多く含むサラダ油(コーン油、紅花油、大豆油など)の使用はなるべく控えましょう。

トランス脂肪酸を極力摂取しないようにするには、マーガリンや市販のマヨネーズの使用もやめるべきです。お菓子やパン、インスタント食品、冷凍食品、ドレッシングなどの原材料の表記にある、マーガリン、ショートニング、植物油脂、加工油脂、ファストスプレッドなどもトランス脂肪酸です。できれば避けてください。

そしてオメガ3系脂肪酸である、エゴマ油、アマニ油、チアシードを生活に取り入れてみてください。ただしこれらは酸化しやすいので、必ず生で摂ることをお勧めします。納豆にたらしたり、サラダにかけたりしても美味しくいただけます。魚油、クリルオイルなどの動物性のオメガ3系脂肪酸はさらに吸収が良いため、より積極的に摂取すべきです。

炒め物や揚げ物など、火を使う調理には、熱に強く酸化しにくいココナッツオイルや、比較的酸化しにくいオリーブオイルを使うといいでしょう。
アトピーやアレルギー、うつ、がん、腸の病気の人は、特に油の見直しは不可欠です。

 

「病気の原因は必ずある」

 

その原因の大きな問題の一つに食事があります。食事の中で一番大切なのは、消化・吸収。
特に消化はとても大切です。

 

13624763_857769981023318_660747609_n

 

しかし、日本の食文化は欧米化が加速して、加工食品やインスタント食品が増加しています。食品添加物や化学調味料など、有害物の除去のために、本来代謝に使われるべきビタミンやミネラルがごっそり奪われてしまっていることに、そろそろみんな、気が付くべきではないでしょうか。

 

土壌が痩せ、野菜から摂れるビタミンやミネラルも、大幅に減っています。口に入れるもので体は作られているのに、本当に安全で安心な食品はどんどん減ってきている時代。これから、こ「超」高齢化社会を迎える日本。このままで本当に良いのでしょうか。消費者の皆さんは「選ぶ目」がないと・・・知らず知らずに健康被害を受けかねません。「選ぶ目」の教育。これが今から一番必要なことなのではないか、と私は思っています。

 

今、だからこそ、人間栄養学。

私達は、今こそ反省し、「正しい食」を取り戻さなければなりません。
その為には病院や薬だけに頼るのではなく、食事の大切さを主体的に学び、できることから実践していく方を一人でも増やすことがとても重要だと考えます。

一度しかない人生。その人らしい人生を、その人らしく、「生ききる」ために、私たちにできることがあります。必須栄養素やビタミン、ミネラルの勉強会、食の安全についての講習会など、私たちは健康知識の普及活動にも取り組んでいます。

人間栄養学の普及です。

事業を通して、めぐり合わせていただいたすべての人に。幸せになっていただけるよう、誠心誠意対応させていただきます。 

ラ・ネージュは、より積極的に健康であることを目指す方のニードを満たす、質の高い商品を提供し、あなたらしい人生を真剣にサポートします。

 

                           株式会社ラ・ネージュ 

                         代表取締役  河野 和則